美肌を手に入れるためには、どんな機会でも利用したいという方は、ぜひ入浴の時間も有効に使ってみましょう。
じつは、お風呂の時間は、美肌を手に入れるためのポイントが満載なのです。
『入浴時間を制する者は、美肌を制す』です。ここでは、入浴時間のお肌ケアについてご紹介していきます。

そもそも美肌への道のりの中で、『乾燥』は最大の敵です。
いついかなるときも、乾燥にだけは注意・警戒することを覚えておいてください。
そして、入浴後は、意外にも乾燥しやすいタイミングなのです。入浴後の乾燥を防ぐために、入浴中から気を付けておきたいポイントがあります。
それは、ゴシゴシと洗い過ぎないこと!
身体を洗う時にゴシゴシタオルを使っている方は多いかと思います。身体中の垢を落とせるような気になりますから気持ち良いとかんじるでしょう。
しかし、これは美肌の敵。身体を洗う時は、石鹸をよく泡立ててから、優しく泡で洗うように心がけましょう。

また、浴槽のお湯につかるときに、熱いお湯につかっている人もいるでしょう。
ぬるいお湯よりも、熱いお湯につかるのが好き!という人も少なくないでしょうが、これも美肌のためには芳しくありません。
ぬるめのお湯ならば、全身の血行を効率的に促進させることができるからです。
新陳代謝を向上させて、アンチエイジング、ひいては肌のツヤやハリに効果をもたらします。

また、入浴剤をいれてリラックスするのも大切な要素です。
ストレスは肌荒れの原因ですから、すこしでもリラックスできるように心がけて下さい。
仲良くなれる確率